不動産物件の見学は何度か見学する

不動産

不動産物件の見学は何度か見学する

不動産物件の見学は何度か見学する

賃貸でも購入でも部屋探しをしていて、不動産会社に訪れて物件を見学という流れになる事があります。
だいたいの人が1回見学しただけで契約したり、お断りしたりしますが、実は物件は同じ物件であっても何度か見学する事で失敗を回避できます。
1回見ただけでは、その時の状況しか把握できず、周辺の事やお隣りの事等も把握しきれません。
不動産を購入、借りる上でトラブルになりやすいのは、やはり周辺環境と近隣問題です。
朝昼夕方と見学するのが理想ですが、部屋の中をその都度見なくてもいいですが、周辺は必ず見てまわった方がいいでしょう。
そして、晴れの日と雨の日なども重要です。
中には稀に水はけが悪いエリアもあります。
これは建物の場合だけでなく、土地等の場合にも言える事です。
周辺は何をポイントとして見たらいいか。
道路の交通状況や、ゴミ出し関係、騒音や異臭等が発せられるところはないか等を調べます。
近隣を散策していると見えてきます。
住んでしまってから知ってとしても、簡単には引越しはできません。
であれば、事前に何度も足を運びましょう。

最新記事