前へ
次へ

腰痛になってしまったら

スマートフォンの普及により、腰痛が悪化しやすい人が多くなりました。スマートフォンの使いすぎではスマホ肩が起こりやすくなってしまいますが、神経症が悪化し合併症を引き起こすことによって症状が悪化します。神経症が悪化することによって起こる症状は様々ですが、治療が長期化するケースがほとんどです。服薬期間は10数年とも言われ、通院し続けることすら難しいとされています。仕事をしながら通院することは難しく、サポーターをつけての業務になります。もし通院しても腰痛がとれなかった場合は、使用している物を全部取り替える必要があるという風に判断できます。治療が長期化し、治療してもなかなか完治しない、という場合は、使っている物を変えた上で、セカンドオピニオンを受診するなど、完治のための行動を起こすことが大切です。病院は大病院ほど有名な主治医がつきやすいということですので、腕のいい医者にかかりたいのであれば知名度の高い病院に行きましょう。

Page Top