前へ
次へ

腰痛と介護の仕事の対策

高齢化社会が進む中で、介護の仕事をする方も多く、腰痛の悩みがありながらも、仕事を頑張る方もいますが、きちんと休んだり、ケアをすることも重要になります。介護の仕事は力のいる仕事もたくさんあるため、腰痛によって、仕事を辞めてしまう方もいるため、安心して働けるように対策をきちんととることが求められます。腰のケアを考えて、職場がいろんな対策を取ってくれるケースもあり、ストレッチの時間を作ったり、腰に不がんがかかる作業はチームワークで進めていけます。1人で無理に重たいものを運ぼうとすると負担が大きくなってしまうため、きちんと対策を取って、仲間と一緒に仕事をすることにより、負担軽減につながります。仕事帰りに、マッサージのお店に行くなど、腰のケアをしっかりとおこなっていると、慢性的な痛みに悩まないように、きちんと対策を取っていけます。安心して生活することができ、介護の仕事で負担がかからないようにするためにも、正しい持ち方など、腰への負担を抑える方法を考えることも重要です。

Page Top